2006年3月 6日 (月)

鉄の心臓

鉄の心臓・・・こういうと心臓に毛が生えて図太そうな感じがする(笑)。

今回記事タイトルである鉄の心臓は鉄の塊である蒸気機関車の心臓部である炉の事である(正式名称をしらないのでどなたか教えてください)。 ゆうひぶたっくすさんとmatsumoさんお二方より教えていただきました。どうもありがとうございますm(_ _)m。

カマ(釜)の事である。ちなみに釜の左に写っている人は機関士ではなく“釜焚き”と呼ばれるらしい。いろんな専門用語が憶えれてラッキーである(笑)。そういえば中学生の頃までは東海道線で土日の朝と夕方にSLがダイヤに組み込まれていたような覚えがある。

060305144

この炉からこぼれる命の光・・・凄い力強さを感じるのは私だけであろうか?

“燃えよ太陽、かけろテッカマーン~”という歌のくだりが出てきたが後の歌は覚えていない。。。がだけどココロは燃えている太陽みたいに・・・という部分もあったと思う。

06030514

最近は金属よりも堅く、加工が容易なカーボンファイバーや鉄よりも軽くて強いといわれるアルミニウムが軽量車体を支えているらしいが、そんな甘っちょろいものよりも、やはり鉄の重さや粘りがいい(頑固)。

umekouji001

何が言いたいのか?よく判らないが久々にSLを観て忘れかけていた大切な事を思い出したような気がする。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年3月 5日 (日)

梅小路入る・・・

恵さんのブログ名は“豆小路入る”で非常に風情があり、風流である・・・

で私も真似てみるなり・・・というわけでタイトルは梅小路入るにした(笑)でいきなり梅です。

shiro01 aka001

今日は本当に暖かで良い気候であった。梅小路公園の梅も一斉に咲き乱れ始めたようだった。

間近にピーッ、ボーウッっとなんだか懐かしい音に振り向くと黒煙と水蒸気の白煙を吐きながらSLがこちらにアピールをしている。

『まだまだ生きてるんだぞ!!現役でなっ!』と言わんばかりである。

sl001

こんな強さが欲しいなぁ~

| | コメント (4) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

*istDs | Angenieux | ASTRO-BERLIN PAN-TACHAR 1.8/50 | Biotar | busch glaukar anastigmat | Busch-Glaukar-Anastigmat F:2.8 F=2cm | Cマウント | Elmar f=9cm 1:4 | F1 | FED-ZORKI 1948 | FED 1:6.3 f=100M/M | Hektor 7.3cm 1:1.9 | Hektor f=13.5cm 1:4,5 | Hektor f=5㎝ 1:2.5 | INDUSTAR | KGOON | kino plasmat | KM | Kobe | Leica I型 | LEITZ | leitz専用フード | Leotax | LX | Lマウント | M3 | protar | PYCCAP MP-2 5.6/20 | R-D1 | RUSSAR | RUSSAR/ルサール | SL | SMCPK28/2 | SUMMARON2.8/35mm | Summicron | SUMMILUX 35 | TAKUMAR | Thanbar 90mmf2.2 | TOPCON | Topcor | WOLLENSAK PERFEX VELOSTIGMAT 50mm F 2.8 | XR RIKENON | ZORKI | Zunow | ФЗД 1:2 F=50㎜ | おすすめサイト | イナバウアー | ウェブログ・ココログ関連 | オートコリメーター | カメラ | クラシック | クルミナー | ゲシュタルト | シャッターテスター | シュタインハイル・クルミナー | タクマニア | トプコ | ニッケル | バルナック | パソコン・インターネット | ビドムファインダー | ファッション・アクセサリ | フィギアスケート | ブリリアントファインダー | マイクロフォーサーズ | マウント | レストア | ロウ付け | ロシア | 元町 | 光線びき | | 団子 料理 | 復興 | 心と体 | 忘年会 | 携帯・デジカメ | 文化・芸術 | 日記・コラム・つぶやき | 旧 elmar 50mm | | | 梅小路 | 癒し系 | 皮製品 | 石炭 | 自作 | 薔薇 | 趣味 | | A36フィルター | Elmar | Hektor 1:2.5 F=5cm | PENTAX | Zunow