2008年10月 3日 (金)

Open♫Mind

Ta01

オープンマインドとタイトルに書いたがあんまり心理系の話ではない。
この写真は何に見えるでしょうか?
答えは次のページに・・・

続きを読む "Open♫Mind"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年3月 7日 (火)

Emi K

エミK・・・誰よ!?って叱られそうですが(笑)。

そうこのカメラの名前がエミK。

emik02

本体上部に彫り文字のEmi Kで本体前から見てファインダー横に金文字でEmi Kとある。

このカメラを製作したのは静岡県にあった大城光学株式会社でレンズはなんとFUJI(FUJIYAMA). C .eminent  Color 1:2.8 f = 50㎜とあり、富士の峰を表わしている。

その当時(1956年頃)にはアメリカやヨーロッパへのお土産として重宝されたのではないだろうか。

このカメラは先日オークションで落札したものだが、自分で使うつもりはない。かといって再販するつもりもない。じゃーなんの為に・・・と聞く方もおられるかもしれないが、秘密である。

と秘密をこんなところに書いてしまっては駄目である。だからこの際打ち明けておこう(笑)。

このカメラはプレゼントの為に入手しました。もう既にレストアは完了し、フィルムを入れたら写せるであろう。但し貰った相手が写せるかどうかは別である。

が、きっとスローライフの好きな人なのでマスターしてくれるであろう。

その人の名は

emik001

35は付かない(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 1日 (水)

低温ロウ付けに嵌る。

LORD5parts

このパーツの事を憶えている方は?

真剣に記事をご覧になった方が居たとしたなら、その方は判るであろう(笑)。

LORD 5Dの記事で巻上用ストッパーを止める為のラチェットの爪が変形した(金属疲労により)破断寸前であったオリジナルパーツである。で・・・何故再登場かというと修復できたのである。

どうやって??疲労だから休息させればOKなんて考えた方はこの記事をしっかと読んで勉強する必要があるかも・・・。

2月28日に取り扱った万能ハンダによる低温ロウ付けで見事復活を果たしたのがこの巻上用ストッパーなのである。

手当たり次第、金属をロウ付けして研究(嵌っているともいう)しているのだ。

対象金属は鉄・ステンレス・銅・真鍮・銀等で非対象はアルミニウム・クローム・チタン等とある。身近な金属はこのZ-106にお任せである(但し鍋等の高熱を受ける可能性のあるものは不適)。

調子に乗ってもう一つ紹介しておこう

セメダイン社製 スーパーⅩブラック である

名前にあるように硬化後もブラックでしかも弾性(ゴム質)を持ち、繊維とゴムの接着を得意としている。これはまさにジャバラカメラの救世主となるであろう♪

1週間ほど前に天満橋の文具専門店にて購入して、そのままになっていたが本日開封しARCO Jのジャバラの遮光漏れ部分に塗布し様子をみたが、なかなか良い具合である。

6020321

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月20日 (月)

Taronの日記・・・今日のたろん

という訳でTaron日記をつけます(笑)。

Taronは何故か私の心を刺激します。どこがと聞かれるとチト困るが何故か気になる今は無きカメラメーカーなのです。

1

このカメラが世に出たのは1955年(昭和30年)で 日本の観測ロケットの研究が始まった年らしいが、私はまだ生まれてません。

シャッターメーカーとして最も古い歴史をもつ日本光測機工業株式会社(東京都大田区大森4-45)の技術陣が、精密機械の自己の経験と技術を十分に生かし多年の研究によって開発された35㎜判完全オートマットカメラです。・・とはタロン35の取り扱い説明書に記載されています。

この事からもタロンを製造した日本光測機工業株式会社はかなり技術力の高いカメラメーカーである事が伺えます。

そしてなによりこの外観のデザインの美しさ・・・ここには私の主観が入ります(笑)。

写真上にはその当時カメラが入れてあっただろう箱が一緒に写ってますが、Taron 35と書かれた周囲に線で描かれたスラントなデザインも又私の心をくすぐります(^^)。

このTaron 35がその当時かなり好評でよく売れたというのを耳にし、納得してしまいます。

さて当時のTaron 35というカメラはオークションでも偶に出品されますが好きな人が多いようで3000円~5000円程度で取引される事が多いようです。

しかしながらカメラ本体以外は付属していないモノが多く、私の今回の取り扱い説明書とパンフレットを目にしたのは初めてでした。ですので今回掲載するパンフレット、そして後に掲載予定の取扱説明書は貴重な資料としてその価値は高いと思われます。

taronp01

報道写真に欠くことのできないスリーエス(S.S.S.)って???

taronp02

完璧な速写(Speed)・完全同調(Synchronize)・鮮鋭なレンズ(Sharp)だそうです。

レンズの説明を読むとかなり良いレンズでカラー撮影にも色収差がなく(驚き)素晴らしい性能と書いてある。

とこのパンフレットを読み込む為にMP800買っちゃいました♪

うれぴー\\\\\\\\\\\\\ぜいたく品です。

これがペンタックス製なら言う事ないのだが・・・(笑)。

でもこれでフィルムカメラで遠慮なくバシバシとって読み込みも出来るし、怖いもの無しだねーお父ちゃん。

canon1

全然かんけーない話ですが、明日は私の○十○回目の誕生日です(^^)。

自分に言おうおめでとう☆

| | コメント (1) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

*istDs | Angenieux | ASTRO-BERLIN PAN-TACHAR 1.8/50 | Biotar | busch glaukar anastigmat | Busch-Glaukar-Anastigmat F:2.8 F=2cm | Cマウント | Elmar f=9cm 1:4 | F1 | FED-ZORKI 1948 | FED 1:6.3 f=100M/M | Hektor 7.3cm 1:1.9 | Hektor f=13.5cm 1:4,5 | Hektor f=5㎝ 1:2.5 | INDUSTAR | KGOON | kino plasmat | KM | Kobe | Leica I型 | LEITZ | leitz専用フード | Leotax | LX | Lマウント | M3 | protar | PYCCAP MP-2 5.6/20 | R-D1 | RUSSAR | RUSSAR/ルサール | SL | SMCPK28/2 | SUMMARON2.8/35mm | Summicron | SUMMILUX 35 | TAKUMAR | Thanbar 90mmf2.2 | TOPCON | Topcor | WOLLENSAK PERFEX VELOSTIGMAT 50mm F 2.8 | XR RIKENON | ZORKI | Zunow | ФЗД 1:2 F=50㎜ | おすすめサイト | イナバウアー | ウェブログ・ココログ関連 | オートコリメーター | カメラ | クラシック | クルミナー | ゲシュタルト | シャッターテスター | シュタインハイル・クルミナー | タクマニア | トプコ | ニッケル | バルナック | パソコン・インターネット | ビドムファインダー | ファッション・アクセサリ | フィギアスケート | ブリリアントファインダー | マイクロフォーサーズ | マウント | レストア | ロウ付け | ロシア | 元町 | 光線びき | | 団子 料理 | 復興 | 心と体 | 忘年会 | 携帯・デジカメ | 文化・芸術 | 日記・コラム・つぶやき | 旧 elmar 50mm | | | 梅小路 | 癒し系 | 皮製品 | 石炭 | 自作 | 薔薇 | 趣味 | | A36フィルター | Elmar | Hektor 1:2.5 F=5cm | PENTAX | Zunow