« 電池を変えるか?それとも抵抗を入れるか? | トップページ | ペトリ color35の配線図(回路) »

2018年11月29日 (木)

Petri Color35 露出計の復活

Imgp0117

タイトルにあるように、本体に取り付けてある二つの半固定抵抗によって、cdsと露出メーターの制御を試みた。

cds&メーター調整の目安として、VC METER IIを使用した。

15434935798712

かなり手こずったが、高輝度はインバータ照明器具から30cmの距離での測定。

VCメータ       1/250   F8

PETRI color35   1/250    F8

低輝度は部屋の照明下で測定物からの距離を同等にして暗めのモノを測定。

VCメータ       1/15    F2.8

PETRIcolor35        1/15         F2.8

これで止めても良かったが、IstDsとも画角を揃えて測定比べをしてみたが、10%程度の誤差範囲で収まった(ISO=旧ASAで200と400と800でも測定しながら微調整を繰り返した)。

これでフィルム入れて持ち歩いてみるか。。。

キチンと映らなかったら、5年前のフィルムのせいに出来るかも(笑)

先日、ちょっと離れたドフへ出向いた時に以下の物を100円で購入した。

帰宅後に恐る恐る電池を入れてスイッチON!!!

ワンテンポ遅れてキュイーーーン♪と独特なチャージ音と共にオレンジランプが付いた。

Imgp9997

おっ、使えるじゃん、こいつめ!Petri color35に装着してテストしてみる。

バシュッ☆おおおっ、シンクロコード使わなくてもいけてる^^v

ひょっとしてカメラより大きいかも^O^。

でもシンクロコードは違うドフにて発見☆これも100円で購入した・・・えっ?

|

« 電池を変えるか?それとも抵抗を入れるか? | トップページ | ペトリ color35の配線図(回路) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100162/67432993

この記事へのトラックバック一覧です: Petri Color35 露出計の復活:

« 電池を変えるか?それとも抵抗を入れるか? | トップページ | ペトリ color35の配線図(回路) »