« 2012年7月15日 - 2012年7月21日 | トップページ | 2012年10月28日 - 2012年11月3日 »

2012年7月25日 (水)

MSNニュースによると

細野豪志環境相が、福島原発事故独立検証委員会(民間事故調)のヒアリングで
「菅直人元首相は何の躊躇(ちゆうちよ)もなく『撤退はありえない』と言った。
日本を救ったと今でも思っている」と述べていたとの事。
とMSN産経ニュースで民間事故調のHPに記載があると記事になっている。

また細野氏は、菅氏について「国が生き残るために何をしなければいけないかの
判断は、すさまじい嗅覚がある人」と評価した。
とも
書かれている。
これは大きな間違いで瑕疵であり、それをいうなら「自分が目立つ為に何をしなければ
いけないか」であり、それをかばう政治家はやはり問題の真実を捻じ曲げてしまい、しいては
国の歪みや膿みを出せなくなる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年7月15日 - 2012年7月21日 | トップページ | 2012年10月28日 - 2012年11月3日 »