« Busch-Glaukar-Anastigmat | トップページ | バレンタイン »

2009年2月 3日 (火)

名古屋出張

昨日は名古屋でのお仕事でした^^。
で、いつものようにお仕事の前後はカメラ屋さんの巡回となります^^;;(寒くてもめげません)。

Hek007

みんな知ってるテレビ塔です。

Hek004


Hek039


Hek043


と夜の景色は好きですが、三脚なしなのでチト辛いしブルブルと震えてしまう寒さでした。

で、収穫は以下の3点(◎´∀`)ノ


Hek054


左からA36オレンジ、A36イエロー(止め螺子無)、A36偏光となっている。
なかでも注目すべきは真ん中にあるA36イエローフィルターで他のA36フィルターに比べてフィルター面積が少ないタイプである。先日入手した初期型A36(止め螺子無し)フィルターと比較しても違いがよくわかる。


ライカのアクセサリー(アサヒソノラマ発行)には記載がなかったが、クラシックカメラ専科No32(アサヒソノラマ発行)には詳しく説明がなされている。
どうやら今回入手したA36イエローフィルターは最初期タイプの小窓タイプという分類のフィルターでイエロー1番であるようだ
ちょっとレアだと思うと嬉しくなるのがこの病気の悪いところである。                           Hek


|

« Busch-Glaukar-Anastigmat | トップページ | バレンタイン »

コメント

ご教示下さい。A36フィルターをかぶせてしまうと、Lマウントのニッケルエルマーなど絞りを変えるのに、いちいちフィルターをはずす必要がある(そのこと自体は別に良いのですが)そうですが、そのフィルターの内側に純正の調整リングを入れるとフィルターをしたままで絞りを変えられるとのことですが、貴兄はどのように使用していますか?調整リングを使用されていますか?それとも調整リングなしで使用されていらっしゃるのでしょうか?宜しくお願い致します。

投稿: Donbei | 2010年7月13日 (火) 19:07

Donbei様、ようこそお越しくださいました^^。
はじめまして。

調整リングはLeica純正が一つ、模造品が一つ所有しております。
当方が調整リングを使用する条件は以下の通りです。

晴れで日差しがかなり強い屋外でUVフィルターを使いたい時に限り、エルマー用フード
(FISON)と共に絞り調整リングを使用します。(当方の場合はあまり本格的には撮影しない
のでカラーネガフィルムCENTURIA200を使用しての話です。)

またUVフィルターを使わない時は絞り調節が出来るエルマーフード(VALLO)を使う場合も
あります。

エルマーを使用する時にはなるべく開放で撮るようにしているので、普段は絞りリングは
使用せずにフード(FISON)を使用します。

こんなお返事しかできませんがお許しください。

投稿: きょー | 2010年7月13日 (火) 22:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 名古屋出張:

« Busch-Glaukar-Anastigmat | トップページ | バレンタイン »