« Leitzのフード | トップページ | Zunow搭載モデル »

2008年11月 5日 (水)

赤外補正?

この間から少しずつではあるがLEITZのA36フィルターが集まってきた。

08110516imgp9011

上から 0、1、R.m.、R.d. の4枚のフィルターがそれである。

元はと言えば写真家のN氏が入手されてそのお話を聞いていた私が非常に欲しくなり、N氏から一枚のフィルターを譲り受けたのが始まりであり、一番上の0番のフィルターがそれである。

そのN氏が所有するフィルターの中で一番興味をそそられたのが、上から4枚目のR.d.番のフィルターであった。
そのフィルターに固執しながらA36フィルターを探しているとR.d.の他にR.m.というフィルターが存在しているのがわかってきた。

運良く入手できたので、今回はそのR.m.フィルターとヘクトール2.5/50、そしてR-D1の組み合わせでどんな効果が出るのかをチェックしてみる。

まずフィルターをつけずに一枚

055_2

そしてフィルターをつけて

056
おや、ピントがぼけている。まさか赤外補正をかけないと写らないのか?
フィルター無しの距離が約4.5mだったので赤外補正の1.5で割って3.0mで撮影してみた。058
おおっ、ドンピシャ☆ヽ(~-~)

被写体を変えて

060

もちろんピントは花である。


062

↑やはりピントがずれている。補正をかけて撮影↓

063

フィルター無しの明るさにあわせて明るさ・ガンマ・コントラストを調整↓

063_2

うーん、良く見るとフィルター無しの時に日陰になっていた部分がRmフィルター使用ではしっかりと写っている事がわかる。

判りやすいように2つの画像を並べてみた。
064


明らかに違う写りであるU ̄ー ̄U ニヤリ。

赤外写真ではないかも知れないが、面白い写真がとれるかもしれない。。。

ので、いまから京・木屋町に持ち出して撮影してみよう♪

但し盗撮目的ではない((;^_^A アセアセ・・・)

と書いた後に、庭先を写すと・・・真っ暗でなにも写りそうも無い\(;゚∇゚)/ヒヤアセモン☆

R-D1は赤外線カットフィルターがしっかりと働いているようだ。
ガックリ

|

« Leitzのフード | トップページ | Zunow搭載モデル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100162/43019662

この記事へのトラックバック一覧です: 赤外補正?:

« Leitzのフード | トップページ | Zunow搭載モデル »