« F1の底 | トップページ | ZENIT整列! »

2008年2月 3日 (日)

封印のライカ

何れは私もライカの封印を解く日がやってくるのかも知れない。

Leica003

ライカの封印とは、ライカを購入し使用してどっぷりと骨の髄までライツに染まる事〝

と言うのが一つの考え。

もう一つは

そう、もう一つはこの封印である↓。

Leica004

この封印はLマークなので、ライツ社で最終チェックを受け、出荷後に他の誰かに分解を受けていない証であり、いわば純潔の印?である。

このように考えると、よほどファインダーが見づらいとか重大な故障が無い限り、この封印を解かずに使いたいと思ってしまう所が、Leicaというカメラの値打ちなのであろうか。

別にライカ修理認定店で修理するとLマーク以外のアルファベットの刻印がつくようだ。

|

« F1の底 | トップページ | ZENIT整列! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 封印のライカ:

« F1の底 | トップページ | ZENIT整列! »