« マタマタ入荷♪ | トップページ | 張替えました。 »

2006年4月17日 (月)

ZORKI-4K

今日は曇り空だったが雨は降らないらしい(天気予報による)

ZORKI-4Kには本体とレンズ、そしてビドムファインダーをつけて撮影にと思っていたが

アイレット(ストラップ吊り下げ用金具)が付いてない(T T)し、皮ケースも持ってないから持ち運びが非常に不便である。

で、創ってみた♪

Z0001

皮細工のプロでもなかなかこうは創れないであろう・・・嘘つき(^^;;一人ノリ突っ込み。

実は以前に落札したカメラ(確かビュウーティーライトマチック)に付属してきた皮ケースで上半分は結構ぼろくて使えないなぁ~と思って処分用ダンボールに入れていたのだが本日陽の目を見る事となる。

ケース固定兼用三脚ネジの付いている部分を加工して位置をZORKI-4Kに合わせてタイマーレバー&ボタンの為に皮を切り取った。

うーん、マンダムゥ~♪   何のことやら(汗)

ジュピター12の写り具合はなかなか良好である。

_1_4

_2_1

写真1枚目はかなり逆光気味であるが、金属球体の質感や暗い部分の描写も上手く表せている。写真2枚目で気づく方もおられるだろうが極めてクリアなレンズである。しかしながら写真下両角に光が入っているのがわかるであろう。よく見ると1枚目の右下・右上角も同じように光が入っている。これはフォーカルプレーンシャッターの上部両端に遮光漏れがある可能性がある。(今後の4Kレストアの課題である)

|

« マタマタ入荷♪ | トップページ | 張替えました。 »

コメント

きょーさん、こんにちわ

おお、皮ケース、ぴったりですね。

それにしても、昔のカメラって、どうして、つり下げ金具がついていなかったのでしょうね。高価だから、皮ケースに入れて大切に扱うと言う感じだったのでしょうか。

コニカのカメラでも、Konica I~IIIMまでは付いておらず、その後のKonica Sから付いたのだと思いますし。

投稿: matsumo | 2006年4月17日 (月) 19:20

MATSUMOさん、こんばんはです(^^)。

そうですね、確かに家が買えるだけの価格と言われていた時代もあったのですから本体を裸のまま首からぶら下げるなんて不届きな事は無かったのかもしれませんね。

そういえば先日、NICCAのカメラケースを500円未満で落札したのですが、とても頑丈で重いのでオヤッと思いよーく中をのぞいたら皮ケースの内側にうすーい鉄板が入っていました(^^)。

konicaも3タイプからはアイレットが付いてたと思うのですが・・・とりあえず3M=IIIMは付いてますよ♪。

投稿: きょー | 2006年4月18日 (火) 01:09

おお、確かに「Konica III」からは、アイレットがついていますね。つい、このシリーズ、全部が付いていないと思ってしまいました。

そう言えば、雑誌「カメラ Get」だったかに、ロシアカメラにドリルで小さな穴をあけて、そこにジャンクカメラから取り外したアイレットを接着剤で付ける話が書いてあったのを思い出しました。本当にくっつくのかなあと思いましたが、その投書では、快適になった旨が書かれていました。

投稿: matsumo | 2006年4月18日 (火) 19:45

アイレットの取り付けは随分前から考えていて、ジャンクカメラから部品をキープしてあります(^^)。
ドリルは持ってるので、穴あけの後アイレットをはめ込みロウ付けにて処理する予定です。
実は随分前にPENTAX KXにアイレットを追加してLXみたいに横向け吊れるようにした事があります。
結構カッコイイですよ♪

投稿: きょー | 2006年4月21日 (金) 22:26

遅すぎるコメントで申し訳ありません。私のジュピター12も同じような症状があります。あまり似ていたのでつい懐かしくて、思い当たる節はでかい後玉のエッジに一寸瑕があることです。そこで乱反射したのかな?

投稿: 玉に瑕 | 2007年3月 5日 (月) 14:33

玉に瑕さん、はじめまして。
コメントありがとうございます。

なるほど・・・そういえばレンズの後あたりのコバが剥れていたところがありました。もうそのレンズは手元に無いので検証できないのが残念ですが・・・。新たに手に入れたジュピター12とゾルキー4kでその内に再度テストしてみます(^^)。

てっきりゾルキーの幕に原因があると思ってました。

投稿: きょー | 2007年3月11日 (日) 13:27

ゾルキー4kのレストアよくやりました。比較的手に入りやすいし、Fed5bあたりよりも精密感があって、レストアして何とかしたい思いにかられます。しかし、何十年も使われていない外観の綺麗なものを手に入れたせいか、シャッターの動きが粘るのです。原因はスプリングドラム内部のグリースの固着と思われます。この部分にテンション調整の軸の方からクレ55を注ぎ込んで動きを滑らかにしました。これでゾルキー4kを2台、ゾルキー4を1台の作動を滑らかにすることができ、メインカメラとして使用しています。必ず劣化するモルトなど一切使われていないので、長期使用にも安心できます。シンプルで信頼性のあるメカなのですが、ゾルキー4kは巻き上げレバーのゼンマイが弾けてしまうと、処理に手間取ります。ゾルキー4k・ゾルキー4は、レストアがうまくいけば、とてもよいカメラになると思います。KMZは、ウクライナのFedや、ベラルーシのBeLOMOよりも検査体制が厳しかったのかもしれません。さすが共産党のお膝元のモスクワ生まれと言えるのかもしれません。かつては、中高級カメラの普及という役割を担ったのでしょう。

投稿: endo | 2015年7月17日 (金) 23:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100162/9629163

この記事へのトラックバック一覧です: ZORKI-4K:

« マタマタ入荷♪ | トップページ | 張替えました。 »