« XR リポート 3(その1) | トップページ | Taronの日記・・・今日のたろん »

2006年2月19日 (日)

XRリポート3 (その2)

前日のテストの興奮冷めやらぬ本日の朝、さっそく朝食も取らずにレンズテストを行った。

昨夜のテストで使用したXR RIKENON 1:2 50mmは使用を控え、もう一ケ所有しているものを本日は使用する(個体差があるかもしれないので・・・汗)

niwa001 

昨夜のその1では*istDs画像サイズは1.5Mで行ったので微細部分のチェックがやり辛い事があった点を反省し、今回はフルサイズの6Mで撮影し、上写真のように3箇所を拡大チェック点とし、下に並べて比較する。

先ず拡大チェック 1でXR RIKENON 、XR RIKENON  L、RIKENON (短)の順で表示する。

なお絞りはF8で行った。

101 102 103

この時点で既に写りの違いが見て取れる。写真右隅にある葉のついてないザクロの木の幹に注目するとXR RIKENON がダントツでクッキリパキパキを現している(どんな表現だ笑)。(焦点は写真中央で*istDsでの合焦マークで条件を揃えてある)

では拡大チェック 2

cp201 cp202 cp203

被写体中央での拡大チェックによる差は感じられない。。。

そして拡大チェック3

cp301 cp302 cp303

この拡大3をシゲシゲと眺めながら気づいた事がある。それはピントが合っていない背景部分である。明らかにXR RIKENON だけが暗いのである。これは被写体をクッキリパキパキする表現につながっているのかも・・・と思えてくる。

ここで更に科学的検証を行う!!

とは言えそんな機材も無いので(笑)ヒストグラムを表示してレンズ特性を比較して検証してみる。

cp401 cp402 cp403

このヒストグラムをみると軽量化されたXR RIKENON  LとRIKENON (短)のデータはほぼ同様の結果を残している。そしてXR RIKENON については明らかに青についての特性並びに輝度の特性が高いのである。

次は被写体を変えてのチェックである。(次は多少被写体と呼ぶにふさわしい花を撮ってみる)とはいえ、庭に咲いていた手入れも出来ていない花なのでふさわしくないかも・・・。

美しい花を見たい方の為にmatsumoさんの「江戸川公園」と「新江戸川公園」にトラックバックです。

5011

このテストは中央部の花のみに重点(拡大比較)を置く事にする。

ピントはシビアに合わせる必要を感じPENTAX製マグニファイヤーFBを使用した。

撮影データ f値 2(開放)、シャッタースピード1/1000

cp501 cp502 cp503

こうなると一目瞭然でXR RIKENON が一際冴える写りを見せている。

ここで再度科学的検証?をしてみる。

cp601 cp602 cp603

今回のヒストグラムと画像を見比べて気づいたのは切り取った画像の面積が微妙に違っていて、その影響がヒストグラムに大きく影響を与えているようだ。

下には切り取る前の画像のヒストグラムを同じ配列で一まとめにして比較してある。

cp604

このヒストグラムを見る限り有意な差は見受けられない。

ここで性能が一番劣っている(レンズ内周部の乱反射)と思われるRIKENON(短)1:2 50㎜ を分解し、レンズ最後面から絞バネ寄り内周部にフェルトを貼り付けて乱反射防止処理を施してみる。35mmSLRで撮影するには不都合(フェルトの厚みがあり画像周辺にケラレが生じる可能性がある)だがDSLRの場合はその心配はない。

3118

RIKENON() 内部反射改良後に撮影♪ XRを上回る描写になったか!?

|

« XR リポート 3(その1) | トップページ | Taronの日記・・・今日のたろん »

コメント

きょーさん、こんにちわ。急に私の名前が出てきたのには驚きました(笑)。

さて、読ませて思ったことは、レンズのガラス部自体は3本とも同じだが、鏡胴のプラスティック化により、内面反射処理が変わったために、特性(内面反射)が変わったのかなあと言うことです。「L」タイプも内面反射処理をより行ったら、初期のものと同じような感じになるかもしれませんね。

本日、新宿で映画を観たのですが、そのついでに「カメラのキムラ」に寄ったら、「リコー:XR500+初期の50mmF2」が13,000円弱もしていました。

投稿: matsumo | 2006年2月19日 (日) 16:41

matsumoさん、こんにちは。

新宿では高いですね。神戸・元町高架下辺りのお店ではXR500とXR RIKENONのセットで5,000円程度で販売してましたよ。

おっしゃるように銅鏡の違いによる内面反射の差が出ているだけ(汗)のようですね。今までの噂はなんだったのか?と思うような結果ですね。こうなれば銅鏡の短く軽量で且つ最短撮影距離45cmのものがあれば植毛紙を内面に貼り付けてリミテッドリケノン(最軽量・最小・高性能)が作れそうですね。きっとRIKENON S 1:2 50mm辺りのレンズが該当するのかな?

投稿: きょー | 2006年2月22日 (水) 11:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100162/8733667

この記事へのトラックバック一覧です: XRリポート3 (その2):

« XR リポート 3(その1) | トップページ | Taronの日記・・・今日のたろん »