« 寝不足で夢中? | トップページ | XR リポート »

2006年2月 7日 (火)

WINDSORの調査・研究

WINDSORの研究というと英国・ウインザー城の建築関連かとおもわれる方もおられるかも・・・(笑)。type3001 実際の私の研究?は左の写真にあるWINDSORという35mmフィルム用のカメラの事である。そもそもこの研究を思い立ったか? というとたまたま同時期に2台のWINDSORを入手したのだが、その2台を比較していると結構な違いがある。

詳しい友人に聞いたトコロ「WINDSORは初期モデルだけでⅠ・Ⅱ・Ⅲとタイプが違うと教えてもらった・・・けど詳しくはどこが違うか明確に教えてもらえなかった(残念)で・・・w 自分で調べてみようと先ず自ら所有する2台についての違いをレポートする事からはじめる事とする☆(これをご覧になった方で詳しい情報をお持ちの方はどうぞ教えてやってください。)

先ず先程上げておいた写真を1とします。写真1のWINDSORの外観を観察し、もう一台所有するWINDSORの写真2と比較するといくつかの特徴が見えてくる。

写真2type2001

ここで写真2のモデルの特徴を記載します。

1.シャッター速度が1/200

2.蝶番が黒

3.シャッターがVELEX(黒字で外周に記載)

4.裏ブタロック方式が下げるタイプ

5.シャッターのレバー一体成型

6.シャッターユニット部品形状の違い

6.軍艦背面に記載してるPAT NO 2610217

7.レンズの固定台?本体接続部分の板に飾りがある(4角に窪みをつけている)

更に内部を観察してみると・・・

8.フィルム圧版がクロームメッキで銀色(モノクロフィルム用?)

9.フィルム室塗装が黒色結晶塗装?

と即座にわかる部分でこれだけあります。写真1のモデルと比較すると明らかに旧タイプであることはフィルム圧板を見ると明確なのでこちらが年代が古いことがわかる。但しこのモデルが初期型ではなく軍艦部の出っ張りがアクセサリーシュー全部を覆っていない軍艦の形状が違うモデル写真3参照

shokisyuutuki01 写真3 

やアクセサリーシューさえついていないモデルもあるようです(私は未所有ですがネットで探した画像アリ)写真4参照。

  写真4shokisyuunashi01

これらの形状や特徴を観察すると写真3と写真4のモデルは写真1と2のモデルより更に古い事がわかる。写真3と写真4の軍艦が共通である事も見て取れる。しかしながらシャッターユニットに記載されているシャッター名が写真3がVELEXであるのに対して写真4はTKSとなっている。TKSというシャッターメーカーが存在していたのか、それともこのカメラのメーカーであるTKC(東興写真株式会社)製のシャッター=SでTKS(Tトー・Kコー・Sシャッター)なのかは現在の段階でははっきりとしない。写真2・3・4のPAT Noは2610217という共通ナンバーなのだが、写真1だけは430767と違っている。

考察

以上のデーターから仮に3つのタイプ分類をしてみる。

先ずPAT Noが2610217の3機種については軍艦形状の違いにより写真3と写真4はⅠ型という分類とすると写真2のモデルはⅡ型という事になり、写真1のモデルが3型となる。

これらの仮タイプ別(Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ)型について今後更に調査を深めてWINDSOR研究を続けて行く事とする。(どこまで出来るのかチョット不安・・・)

*他にも研究したい事があるので平行して進めていく。

|

« 寝不足で夢中? | トップページ | XR リポート »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100162/8548705

この記事へのトラックバック一覧です: WINDSORの調査・研究:

« 寝不足で夢中? | トップページ | XR リポート »