« 植毛紙彡 | トップページ | 低温ロウ付けに嵌る。 »

2006年2月28日 (火)

RetinaⅠaが手元に・・・

retina006

こいつがやってきた。。。

ファインダーグラスの汚れ&巻き戻しノブのぐらつきの整備の為に軍艦を外した。

まずまず綺麗になってので組上げようと思いきや、なんと巻き上げレバーの組み方が解らない(^^;;。極小の板バネが余ってしまった。と思っていたのだが、よくよく観察してみるとバネが千切れて分離している事が判明した(^^)/。

元々のパーツの形は写真上のピンク色で示してある部分に最下の○に囲まれたパーツがくっついた状態であったと推測される。写真真ん中のパーツはゼンマイバネから切り出した補修用パーツであるが接続部分が必要なので長めに製作してある。

アロンアルファで仮止めし動作を確かめてみたところ、カウンターがカチッと1コマ進んだ(^^)ヤターッの瞬間である♪

p001

レバーを巻き上げる事とレチナ特有のカウンター1での巻き上げは出来ない事等はうまく動作するのだが、カウンターが進まないのである。

きっと余った板バネはカウンターギアを進める為のパーツだろうと思われるが、どこに着くのか不明である。

この事以外は全く問題なくフィルムを入れるとすぐに撮影できそうだ・・・

retina007

だからこそ、余計にこの事が気になってしまう(汗)

だから結局以下のものをホームセンター(新富士バーナー株式会社 製 万能ハンダRZ-106)で購入し、早速ハンダ付けをした。

han001

カチッ、カチッ・・・いい響きだ(^^)。カウンターもしっかりと1コマずつ進んでいる様子♪今蘇る伝説のミイラ男(笑)ではなく、ドイツの名機“Retina Ia”。

retina009

|

« 植毛紙彡 | トップページ | 低温ロウ付けに嵌る。 »

コメント

きょーさん、こんにちわ

本日は映画サーンビスデーなので、当然、休暇です(笑)

さて、レチナですか。確か、ドイツのコダックが発売したカメラですよね。niftyのFPHOTOHで、このカメラをメインに発売していたらしい「レチナハウス」を経営されていた方が常連さんだったのを思い出しました。と言っても、青山にあったその店に行ったことは無かったのですが。

投稿: matsumo | 2006年3月 1日 (水) 08:11

matsumoさん、どうもです(^^)。
レチナハウスは閉店されたのですよね。とても残念です。インターネットで調べてみるとIaとIIaは同じカウンターバネパーツらしくバネを製作して修理してくれるところもありそうです。余ったバネと巻上げ部品を比較しながらじっと眺めてると本来あるべき場所がようやく浮かび上がってきました(^^;;でも、本来あるべき場所からそのバネは折れてしまっていた切れ端であって、戻しようが無い事が判明しました(T T)。やはり半田ではくっつかない・・・のでロウ付け用具でも買おうか・・・と検討中です。

投稿: きょー | 2006年3月 1日 (水) 15:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100162/8877146

この記事へのトラックバック一覧です: RetinaⅠaが手元に・・・:

« 植毛紙彡 | トップページ | 低温ロウ付けに嵌る。 »